Home

北海道札幌市にて写真撮影を嗜んでおります、dBXひでたんと申します。

こちらでは私が撮影した、「人と椅子」をテーマにしたポートレート写真を不定期で掲載していきます。

Overview

座るための道具であることから構造的に全ての椅子は「座面」を持っている。典型的な椅子ではこの座面を支えるため「」をもっており、さらに「背もたれ」や「肘掛け」が付いているものもある。

椅子は一人掛けと二人以上で腰掛けられる複数掛け(座部が複数あるいは座部が長い等(ソファー))に分けられる。

椅子はある特定の人物の座席として用いられることから、地位の象徴でもある。王や貴族などの君主が公的な場所で用いる椅子は玉座という。椅子であること以上に権威の象徴として用いられる。そのために豪奢な装飾が施されている場合がほとんどであるが、機能的には一般的に通常の四つ脚の椅子で、しばしば肘掛けが付く。また逆に「玉座」と言った場合に、それに座るであろう者の権威を暗喩している事もある。

Wikipediaより引用

「椅子」というのは一時的な休息の場所として機能するほか、地位やポストを象徴する言葉でもある。

決して固定された恒久的な安息の場ではない。

食事をしたり、仕事をしたり、読書をしたり、テレビを見たり、考え事をしたり。止まりながらも何かをする場所。

それぞれの人生の中で…止まったり、進んだり、必ず訪れる何かしらのターニングポイントで、椅子は必ず私たちを支えてくれる。

― 希望・挫折、そこには必ず椅子があるのです。―

北海道札幌市にて写真撮影を嗜んでおります、dBXひでたんと申します。

こちらでは私が撮影した、「人と椅子」をテーマにしたポートレート写真を不定期で掲載していきます。